休職期間の過ごし方~適応障害の休職期間~

こんにちは。ゆずぽんずちゃんです。

休職中の僕ですが、それなりに暇を持て余し、ブログを書いたりまったりしたりして過ごしています。

休職中の過ごし方の正解は分かりませんが、やってみてよかったこと、失敗だったなと思うことをまとめます。

同じく休職したり、暇を持て余している方の参考になればと思います。

思い返せば、もともと多趣味なこともあり、色んなことやってました٩( ‘ω’ )و

やってみてよかったこと

ドライブ

まず、気を紛らわすためにドライブに出かけました。

僕の愛車のコペンちゃんで、オープンにして片道2時間くらい走ってきました。

自然を見て癒されるなあと感じたのは生まれて初めてかもしれません。こんな状態だから感受性豊かになっているのかな?

 

釣り

ドライブと似ていますが、釣りに出かけました。自然の音を聞き、綺麗な川や海を見て、魚が遊び相手になってくれました。

また、1人になれるので色々思いふけることもできました。

ずっと家にいるので、運動不足解消にもなり、とても良かったです。

 

多肉植物

植物なんて育てたこともないし、興味もありませんでしたが、ホームセンターに行った時にたまたま見つけた多肉植物が可愛く見えて、何となく育て始めました。

毎日世話する必要がないので楽だし、種類が多くて可愛いですよ٩(๑´0`๑)۶

 

掃除

今まで特に綺麗好きでもなかったのですが、ずっと家にいると気になるんですよね。

風呂、トイレ、キッチンや窓のサッシまでピカピカにするようになりました。

心まで綺麗になるようですよ。

自己暗示かもしれませんが (・∀・`* )

 

料理

僕には結婚間近の嫁(仮)がいるんですが、帰りが遅いからずっと家にいる僕が夕飯を作らないといけないんですよね。

作るからにはしっかりやりたい僕としては、手は抜けません!

レトルトやインスタントはもってのほかです。

煮干しから出汁をとって味噌汁を作るくらいになりました。

今や嫁(仮)より上手いのではなかろうか。

 

ゲーム

何しろ時間があります。懐かしいゲームや最近のゲームにハマり、若い頃を思い出し無心になれました。また別の記事でいつか書こうと思います。

 

映画鑑賞

何しろ時間があります。元々映画や海外ドラマが好きですが、まとめて何本もの作品を見ました。こちらもまた別の記事でいつか書こうと思います。

 

失敗だったなと思ったこと

転職活動

休職し始めた頃から転職は考えていました。しかし、医者に

「心が弱っている今、転職活動は自ら精神的負担をかけることになるからオススメしません。」

と忠告されていました。

最初はその忠告を受け止め納得し、ただただ休むことに専念しました。

ですが、時間の経過とともに焦りや、お金の心配が増えとうとう転職活動を始めてしまったのです。

休職しているのに転職活動をするなんて非常識だ。と思われる方もいるでしょう。

でもそれ以上に不安があったんです。

転職活動をしてみて、医者の言うとおり精神的な負担は相当ありました。

適応障害を患う前の僕なら平気だったであろうことが、心に刺さるんです。

圧迫面接されたこともありました。

ボロクソに言われ、とても悲しくなった僕は、思わず嫁(仮)にラインで報告。返事の優しい言葉に、思わず涙してしまいました。

帰宅ラッシュで混み合う駅のホームで泣くサラリーマン。思い出すと恥ずかしいです。

その後、たまたま3件目で内定をいただいたため、心のダメージは最小限で済みましたが、これがずっと続いていたらと思うと…ゾッとします。

 

急な運動

ずっと休んでいると、運動不足になり、不眠も手伝って疲れやすくなります。

ある日、料理に燃えた僕は意気揚々とスーパーに出かけました。

食品コーナーを半周したらへんで息切れと動悸が。そこで倒れ込んでしまいました。

恐らく貧血だと思いますが、急な運動は控えた方がよさそうです。

 

したいことをし、無理は避けましょう

やってみたことと、やらない方がよかったことをまとめてみました。

大事なのは心の休息なので、自分のしたいことをして、それがリラックスできたり、気分転換になればそれでいいと思います。

ただ、心、身体ともに負担のかかることは避けて、大事にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください