精神科と心療内科の違いとは?~病院の選び方~

どうも、ゆずぽんずちゃんです。
この記事を見られた方の多くは精神科や心療内科にかかろうとしている方ではないでしょうか。

精神科はなんかこわい。どこに行けばいいかわからない。病院に行くほど悪い状態じゃない。
という風に思われていないでしょうか。

僕も病院に行く前は何をされるかわからない、行っても何も変わらないでしょ。
という意見でした。
でも結果的に、行ったことで気分的に楽になったし、早く治ったと思います。

この記事では精神科、心療内科の違いなどについてまとめてみたいと思います。

精神科とは

精神科は精神神経科ともいい、心の症状を扱う診療科です。以下のような症状が見られる場合は精神科が適しています。

・イライラ、落ち着かない等の気分症状
・幻聴、幻覚等の精神症状
・こだわり、物忘れ等の認知症状
・人間関係で悩んで塞ぎこんでいる
・不眠
・すれ違う人から悪口を言われる。周りの人が監視してくる。

こういった症状、悩みがある場合は精神科を受診しましょう。

 

心療内科とは

心療内科とは、心理的、社会的な要因から引き起こされているからだの症状を扱う診療科です。以下のような症状が見られる場合は心療内科が適しています。

 

・吐き気、頭痛、倦怠感、胃痛等の身体的症状
・ストレス因の自覚がなく、からだの不調が続いている
・からだの不調で病院にいったが、検査結果に異常がない

こういった症状、悩みがある場合は心療内科科を受診しましょう。

 

どこの病院に行けばよいか。

心がやられてしまっている状態で、どこに行けばよいか、どちらの診療科を受診すればよいかわからない方も多いと思います。
心の症状が自覚できる場合は精神科、そうでない場合は心療内科でよいと思います。
確実なのは両方ある病院に行くことですね。

 

「精神科」という言葉のイメージが広く受け入れられていないため、行きにくいと感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。
僕の場合もそうでした。僕の受診した病院は、最近増えている「メンタルクリニック」といわれるものです。
これは精神科や心療内科といった、心に関わる分野の診察を取り扱う総称であり、科の名前ではありません。

病院を選ぶにあたって、注意したい点などを列記します。

  1. ホームページの有無、医師について詳細が載っているかどうか
  2. 医師がちゃんと話を聞いてくれるかどうか
  3. 治療法や薬についてちゃんと説明してくれるかどうか
  4. 混み具合や予約などの体制

1.ホームページの有無、医師について詳細が載っているかどうか

まずホームページがあるかどうかを調べ、医師について検索してみましょう。
ちゃんとした医師か、病院の雰囲気はどうかなど、事前につかんでおきたいところです。
僕がかかった病院は、小さいものの雰囲気のよいところにしました。

2.医師がちゃんと話を聞いてくれるかどうか

うつ病や適応障害の治療において、医師との信頼関係はとても重要となります。
病院によっては事務的であったり、一方的に診断を下すといったところもあります。
これは一度診察をうけてみないと分かりませんが、きちんと診断してくれて、話を聞いてくれる医師を選ぶことが重要です。

3.治療法や薬についてちゃんと説明してくれるかどうか

治療していくにあたって流れや方針を説明してくれるかどうか、どんな薬を使うか、副作用などについてきちんと分かりやすく説明してくれるかどうか
も判断材料となるでしょう。
僕の場合は薬のカタログを見せてくれて、一つ一つ説明をくれましたし、質問にも答えてくれました。

4.混み具合や予約などの体制

心療内科や精神科、クリニックって思ったより多いんですよね。そして患者数も結構いるんです。
僕の場合は、雰囲気のよさそうなところに電話したんですが、予約で埋まっていたり、予約するにも一ヶ月以上先になるところばかりで、
5件程電話してやっとその日に受診できるクリニックが見つかりました。

診療時間も短かったり、1週間の内数日しかあいていないところもあるので、事前に何件か探しておくといいと思います。

まとめ

  • 精神科は心の症状を扱う診療科である。心の症状が自覚できる場合は精神科にいくとよい
  • 心療内科は心理的、社会的な要因から引き起こされているからだの症状を扱う診療科である。
  • どこの病院にいけばよいかわからない場合は精神科、心療内科両方ある病院にいくとよい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください