小さい財布 、革の財布 エムピウ ストラッチョのススメ

どうも、ゆずぽんずちゃんです。

この記事では、小さい財布、その名もエムピウ ストラッチョについてまとめます。

エムピウというのは、一枚革から作られる、機能性に優れた財布をはじめとした革製品を作る日本の革工房です。

そのエムピウから2015年に発売されたストラッチョ(straccio)。

その特徴と、一年程使ってみての使用感などを書いていきたいと思います。

小さい財布や、革の財布をお探しの方は、是非参考にしてください。

特徴

  • 一枚革(オールレザー)から作られている
  • 財布界で最小クラス
  • 日本製
  • 安い
  • エイジングで革の色味が変わる
  • バリエーションが豊富

こんな方にオススメ

  • 鞄を持ち歩きたくない
  • 手が塞がるのが嫌
  • そもそも財布に入れるものが少ない
  • 普段スーツを着る方
  • ポケットから財布がはみ出すのが嫌
  • 小さいもの好きの方
  • 人と同じものが嫌
  • ちょっと変わった物好き
  • 財布のサブがほしい

男性は特に当てはまる人がいると思いますが、いかがでしょうか?

僕の場合は、上記のすべてにあてはまりました。けれども、最近よく耳にするミニマリストではないです。

買うきっかけは休日出勤でした。以前いた会社は、平日はスーツ、休日出勤時は私服だったのですが、その時にくそ重いビジネスバッグをもっていくのが嫌だったんです。

それまでは嫁(仮)にもらったブランド品の長財布でしたが、再度おねだりして買ってもらいました٩( ‘ω’ )و

エムピウ ストラッチョのいい点

  1. 手のひらサイズ
  2. 見た目より収納できる
  3. 使い込むとカッコいい
  4. 珍しがられる

1.手のひらサイズ

とにかく小さいんです。失くしてしまうんじゃないかって心配になるくらい 😎

それを心配して目立つ赤色にしました。

鞄を持ち歩きたくないので、荷物はポケットに入れることになる。左ポケットにiphone、右に財布とキーケース。よく長財布を後ろポケットに入れてる男性を見ますが、心配性な僕からすると、スリにあっても気がつかないよ!と不安になるし、座ったときに折れちゃうじゃないですか。それが許せないので、後ろポケットは禁止なんです。前ポケットに入れる、しかもキーケースと一緒に入るくらい小さい物を探してエムピウストラッチョにたどり着いたわけです。

公式の大きさとしては以下のとおりです。

サイズ:W102×D65×H20mm

重量:45g

革: ブッテーロ イタリア製タンニン鞣し革

2.見た目より収納できる

小さいので、全然入りきらないんじゃないの?と思うかもしれませんが、見た目より収納できると思います。

お札は10枚程度が限界ですかね。それ以上入らないこともないですが、折りたたんだとき不恰好になります。

小銭は20枚程度でしょうか。(公式は15枚と想定されています)家に帰ると、溜まった小銭を出すようにしてます。

カードは5枚以下が適正だと思います。僕は7枚入れちゃってるので膨らんでいます。

クレジットカード、キャッシュカード、免許証、ポンタカードくらい入ればいいかなあと思っていましたが、

ネット銀行のカードやらが増えてしまって入れすぎちゃってます。

↓膨らむとこんな感じ。カード7枚、お札8枚くらい。

3.使い込むとカッコいい

ストラッチョに限らず、エムピウの製品は本革一枚から作られています。本革なので、使い込むと色味が変わってくるわけです。僕が買った時も、真っ赤はないなーと最初思っていましたが、本革ということを知って色味が変わる前提で赤にしました。

下のリンクのものと、一年経った僕のと比べていただけるとわかるとおり、いい感じの色味になってきました。

買ったばっかりは真っ赤だったので、少し恥ずかしかった 😳

キーケースと一緒にポケットに入れているので、傷もついています。がこれもまたいい感じです。

4.珍しがられる

これまでエムピウを使ってる人は見たことないですし、人に見せると財布だと思われないくらいです。話のネタにもなるのでいいですね。

また、革の種類・カラーも多数あるので、人とまったく同じかぶりはほぼないんじゃないかなあと思いますよ。

僕の買ったストラッチョ リスシオ・ブッテーロも、カラーが8種類ありました。

エムピウ ストラッチョの注意点

  1. カードの収納枚数
  2. 小銭の取り出し
  3. レシートやスタンプカードの収納
  4. 紙幣が折れる

1.カードの収納枚数

いい点でも挙げましたが、カードの収納は5枚程度です。

それ以上も入らないことはないですが、一度7枚とかいれてしまうと、伸びてしまって、5枚とかに戻すとスカスカになって落っこちてしまいます 😥

たまにしか使わないカードやポイントカードなんかは、↓のようにお札のところにいれてもいいですね。

2.小銭の取り出し

小銭を取り出すところにはボタンやジップなどが何もないため、開ける向きに気をつけないと小銭をばら撒くことになります 😯

3.レシートやスタンプカードの収納

お札のところに仕切りなどがないので、お札の種類、レシートなど種類に関わらず一緒に収納することになります。

だからどうってことはないですが、レジで並んでいるときちょっと焦ったり、お札と一緒にレシートだしちゃったり・・・

4.紙幣が折れる

その小ささから、どうしてもお札が折れ曲がってしまいます。

レジでうっとうしがられたり、ATMや自販機でやり直しを喰らったり・・・

まあそれだけですけど 🙄

ストラッチョの品揃え

ストラッチョにはいくつか種類があり、以下が僕が買ったリスシオ・ブッテーロです。

革にゴート(山羊革)を使用したゴートスキン。(※革の品質が安定しないため、在庫限りで販売を終了致します。だそうです。)

こちらは値段もお値打ちの4500円程度となっています。

あとはスペリオーレです。より上質なつくりで、裏地にも革の表面がくるようになっています。ちょっと高いです。

まとめ

いかがでしょう。ストラッチョ。とても小さく、機能性に優れていると思います。

釣りやアウトドアなんかが趣味の人にもいいかもしれません。小さくてどこにでもしまえるし、多少傷が付いても味だと思います。

安くてお手入れなんか気にしないでいいので、革製品の入門としてもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください