トラックボールとパンタグラフキーボードで世界が変わった~おすすめのトラックボール~

どうも、ゆずぽんずです。

下の写真のようなマウスをご存知でしょうか。トラックボールマウスと言って、ボールの部分をクリクリと回して操作するタイプのマウスのことです。

僕はトラックボールとパンタグラフキーボードを使い始めて世界が変わりました

本記事では、トラックボールの特徴、メリットデメリットやトラックボーラーとしておすすめのトラックボールを紹介します。

 

 

トラックボールとは?マウスとの違い

通常のマウスでは、マウス自体を動かすことによってカーソルが動きますが、トラックボールではボール(上写真では青いボール)を回すとカーソルが動きます。

通常のマウスとトラックボールの違いはこれだけのことです。ですが、これにより色んなことが変わります。(メリットとデメリット参照)

トラックボールには、親指でボールを回すものと、下のような人差し指で回すタイプがあります。

 

 

トラックボールのメリット・デメリット

メリット

  • 手首、肩が疲れない
  • 省スペースですむ
  • マウスパッドが不要
  • 持ち上げる必要がないからガチャガチャうるさくない
  • 慣れるとマウスより速い動きが可能

 

手首、肩が疲れない

通常のマウスと違って、マウス自体を動かす必要がないため、基本的に動かすのは親指と人差し指、中指のみです。

マウスを使っていて手首の疲れや肩こりを感じる人がトラックボールを使うと、その楽さを実感できます。僕は肩こりとおさらばしました。

 

省スペースですむ

通常マウスはマウスパッドや机の上で動かして操作するため、マウスの近くには物がおけないと思いますが、トラックボールの場合、トラックボールさえ置ければ操作可能なので、机にたくさんものが置けますし、(ワイヤレスの場合)好きなところにマウス一個分のスペースを確保できればそこで操作できるのです。

僕の場合は、仕事で設計をしていたころ、PCのディスプレイ1でCAD(設計ソフト)、ディスプレイ2で他の資料や図面、机の上に大量の紙の図面や資料を置いて作業する必要がありました。

そうするとマウスは埋もれるし、邪魔だし、ってことで解決策としてトラックボールを採用しました。ストレスから解放されましたよ◟(ˊ꒵ˋ∗)◜

 

マウスパッドが不要

マウスを動かさないので当然机に直接置いて使います。マウスパッドなんて必要ありません。

僕はFPSをやっていたころゲーミング用のマウスパッド(マウスパッドにゲーミングもくそもないような気がするが)を使っていましたが、手首側が毛羽立ってチクチクして微妙にストレスだったんですよね。このストレスからも解放されました◟(ˊ꒵ˋ∗)◜

 

持ち上げる必要がないからガチャガチャうるさくない

キーボードのタイプ音やマウスの着地音て気になりませんか?特に他人の。

僕は昔うるさいタイプのキーボードが好きだったんですが、積もり積もったストレスとともに、他人のそういった音が不快なものへと変わりました。

そこでせめて自分は静かにしようと、パンタグラフキーボードとトラックボールマウスに変えたわけです。

パンタグラフキーボードというのは、ノートパソコンに使われてるアレです。僕のキーボードはこちら↓

こちらもトラックボールと同じくらいおすすめなのですが、生産終了してしまったようです・・・エヴァ初号機カラーなのはたまたまです。

 

慣れるとマウスより速い動きが可能

何しろ動かすのに必要なエネルギーが少ないので、単純な動きは速いです。指を離してもボールが転がっていくようなことはありませんし、慣れされすれば効率アップに繋がるマウスと言えます。

 

デメリット

  • ボール周辺の掃除
  • 慣れると普通のマウスに戻れない
  • 慣れるまでに時間がかかる
  • FPSなどの動きが激しいゲームや精度が求められる動きには不向き

 

ボール周辺の掃除

トラックボールのボールは取り外せるのですが、取り外すとボールの転がりを感知するセンサーがついています。そこにゴミがたまり、たまに掃除してやらないとボールが滑らかに転がらなくなるのです。僕が使っているのはロジクールM570ですが、他のトラックボールはゴミがたまりにくいものがあるかもしれません。

ですが!掃除の頻度は一ヶ月から二ヶ月に一度くらいです。やってみると楽しいもんです。これってもうデメリットじゃないですよね?(˙◁˙ )

ちなみにM570の掃除には、安全ピンがおすすめです。エアダスターよりも安いし、クリクリっとほじるとすぐとれます。

 

写真のようにボールがとりはずせます

このボールペンが指すところがボールを転がすところです。右の方にもゴミがたまっていますね。

 

慣れると普通のマウスに戻れない

トラックボールが快適すぎますので、トラックボールに慣れてしまうといざ普通のマウスを使うってなると動かさないといけないことがものすごくストレスです。

僕は会社でトラックボールを使い始めて、家ではロジクールの通常マウスを使用していましたが、マウス操作が億劫なので家でPCを触らなくなりました(°ᐤ°)

今は設計会社を辞めたので家でトラックボールを使っています。使うところすべてトラックボールにすればいいわけです。これってデメリットではなくなりません?˙ )

 

慣れるまでに時間がかかる

人によってはトラックボールに慣れるまでに時間がかかるようです。僕も最初は不安でしたが、実際のところ2日で慣れました。

トラックボールは使いにくそうという先入観が、結果的にもっと上げられるはずのあなたの作業効率を下げていると思います。(˙◁˙ )

 

FPSなどの動きが激しいゲームや精度が求められる動きには不向き

これが僕が考える最大のデメリットです。トラックボールはその性質上、真っ直ぐな動きや精度が求められるFPSや絵を描いたりなどの操作を苦手としています。(真横に真っ直ぐボールを転がすことができるでしょうか?)

もともとPCでCODやAVA、ペーパーマン等のFPSをやっていた僕ですが、トラックボールに慣れてしまって普通のマウスを億劫に感じるようになったことで、FPSができなくなりました。

仕事ではCADを使っていましたが、イラストなどの絵を手書きのように描くわけではないので、問題はなかったです。(むしろ速いから向いていると思う。)

絵についても、人によっては「全然問題なく描けるよ」って人もいましたので、そこまで大きなデメリットではないかもしれません。

 

おすすめのトラックボール3選

ここからは長年トラックボーラーをやっている僕がおすすめするトラックボールを3つ紹介します。

 

ロジクール M570(M570t)

 

 

 

トラックボールの王道といって過言ではないでしょう。まさしくこれを買っておけば間違いないと思います。

アマゾンのレビューを見ても数・内容ともに満足できるものだと思います。

僕の知る限りでは、M570→M570t→SW-M570の順に新しいと思います。(保証期間など違いがあるようです。)

僕の使っているM570ではチャタリングなどの不良がありましたが(勝手に治った)、現行モデルはないと願っています。

ワイヤレスで、単3形乾電池1本で最大約18ヶ月と長期間使用できます。

そのコスパの良さから、僕は今のM570が壊れてもリピートすると思います。それだけ良いマウスです。

 

 

ロジクール MXTB1s

同じくロジクールの製品ですが、こちらが上位モデルです。
マウスの傾斜角度を変えられるトラックボールです。20度の角度に傾けることが可能で、手首のひねりが少なく、より自然な姿勢で操作できます。

ボタンも8つのボタンあり、ショートカットを割り当てられ、より作業の効率化が図れます。

速度の違うモードを切り替えられる機能や充電式であることなど、M570より充実しています。価格が少々高いことと、M570に比べ少し大ぶりになるので、好みが分かれるかもしれません。

なお、フル充電で最長4ヵ月間稼働し、充電を忘れても1分間の充電で約8時間の使用が可能です。

ケンジントン SlimBlade Trackball 72327JP

最後はこちらです。個人的にはトラックボールといえばケンジントンかロジクール。というくらい代表的なメーカーだと思います。
紹介する中で唯一人差し指タイプです。

左右対称のデザインで、左利きの方でも使用可能です。ボールが大きく、精密な動きも可能です。

使いやすさはもとより、見た目が一番かっこいいです(๑′౪‵๑)

まとめ

トラックボールマウスについて紹介しましたが、いかがでしょうか。

見た目、疲労からの解放、操作性どれかに少しでも魅力を感じられたら、是非使ってみることをおすすめします。

使い始めた頃は慣れることができずイライラするかもしれませんが、すぐに慣れます。そして、どうしてもっと早くトラックボールに変えなかったんだ!

と思うに違いありません。

 

 

それではこのへんで失礼します。あでゅー(˙◁˙ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください